親の葬式費用払うお金がない

どうしても親の葬式費用払うお金がない

葬儀費用

もう親の葬儀に出ないと決めたけどいいのかな?

投稿日:

親の葬儀に出ないと決めたけどいいのかな?

いつでも男気がある仕事しているけど親の葬式に困っているあなたへ

親の葬儀に出ない

 

お通夜の時のピン札は、既に訃報を分っていたようでやってはいけないことです。
ということで、葬儀には向かないとマナーがあります。
すぐにネットで探した葬式屋さんを決定するのは心配でしかありませんよね。
ボッタクリとか信用できないけど他がないとか?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それから、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
突然なので全てやるのはつらいけど、いろいろあっても段取りよくやろうではありませんか。
どうしても香典に使っていないお札を入れる場合1回以上折って折り目やシワならいいんではないでしょうか。
そですねいい感じですね。
近年は葬儀式の形が次第に変わってきています。
なんと、通夜や告別式を行わずに遺体を火葬場に送って、ここで終わる”直葬(ちょくそう)"もどんどん増えています。
いいことは、葬式のお金を抑えることや、出席者を無理に呼ばなくていいことなどです。
お通夜のマナーになるになるのが香典袋に包むお札。
地方や宗派の相違とかいろいろありますが新しい紙幣は入れないという事はほぼ同じな感じです。
こういう、汚いお札やしわしわのお金を使うのもマナー違反という感じです。
親の年齢も考えると葬儀のことなど考えるべきです、でもなかなか出来ませんよね。
なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例えばですけど、「どこでする?」「交際範囲は?」「大事な書類の場所は?」など。
やんわりと友人を使って何気なく聞くのも幸せかと。
聞きますけど、問題もあるけど安い「直葬」って知ってました?直葬にした人の多い意見は「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
また、「お葬式はめんどくさいから」と考えてる人もいるようです。
様々な人たちの意見はあるものです。
通常の葬式ならお悔やみのために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
そして翌日に葬式・告別式を同じ日にやってしまうという感じで送り出します。
また、兄弟や子供がいない人とかだったら家族と近親者だけですませる家族葬(かぞくそう)という方法もあります。
自分のお通夜と告別式は出来たらこうして欲しいなんて考えたことありますか?私は全部省略してもいいと強く言いたいです。
つまり、お通夜とか葬式も全部なくてもスッキリした方法でかまわないとすごく思うようになりました。
すごく。
葬式に必要な金額は、アンケートによるとおおよそ200万円前後という結果のようです。
でもこの金額は絶対必要ではなく、いわゆる平均です。
これ以上高くなって驚いた親族も多いはずです。
そういう時は、「火葬式だけ」の直葬(チョクソウ)してしまうなどシンプルにして抑えることもできます。
葬式をすること事態は法律で決められた事なのか?実は、そんな法律はありません。
ですが、遺族の方は火葬する義務はあります。
だから、通常は葬儀屋にお願いするしかないんですよ。
これからもっと高齢化になってきています。
となると、友だちや親戚も年寄りが多いということにおちいってます。
それから、ご近所さんとの交流も減っているのは確かだからお葬式はしなくてもいいって必然的にるわけです。
香典の上の部分の文字は、ほとんどの場合御霊前、御香典・「御香料」ですね。
お通夜に持参する香典の中に入れる紙幣でミスしそうなことですが、ピン札はダメということ。
ついやってしまいそうですが失礼になってしまいます。

 

-葬儀費用

Copyright© 親の葬式費用払うお金がない , 2019 All Rights Reserved.