親の葬式費用払うお金がない

どうしても親の葬式費用払うお金がない

葬儀費用

親の葬式の葬儀会社を選ぶ方法を教えて

投稿日:

親の葬式の葬儀会社を選ぶ方法を教えて

どんな状況でもいつも感謝を忘れないけど親の葬式のお金がないあなたへ

貯金なし葬式

 

お通夜に持っていく香典に包むお金でミスしそうなことですが、新しい紙幣を入れてはいけません。
ついやってしまいそうですが失礼になってしまいます。
聞きますけど、問題もあるけど安い「直葬」って知ってました?直葬にした人の多い意見は「葬儀費用がないから」という声が多かったとか。
意外にも、「お葬式はめんどくさいから」と決めている人もいるようです。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
お通夜で避けたいことになるになるのがお香典に包むお札。
地域や宗派の相違とかいろいろありますが新しい紙幣は使用しないという点はだいたい一緒な感じです。
そうですね、、薄汚れたお金やグチャグチャのお札を使うのもマナー違反になってしまいます。
これからすごく高年齢化になってきています。
ということは、知り合いも年寄りが多い事態におちいってます。
ましてや、ご近所さんとの交流も少なくなっているので家族葬でいいて感じの結論が多いのです。
親の年齢も考えると葬式のことなどを考えることは必要です、あなたはそういう年齢ですか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「絶対知らせたい人は?」「大事な書類の場所は?」など。
事前にそれとなく聞き出すと後が楽です。
葬式をすること事態は法律で決められた事なのか?実は、法律のような義務はありません。
ですが、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
だから、ほとんど葬儀屋さんに依頼する方法しかないわけです。
あなた自身のお通夜と告別式はどうしたいなんて考えたことありますか?私だったら葬儀なんていらないと思っています。
つまり、お通夜とか葬式も全部なくてもスッキリした儀式でいいと最近思っています。
すごく。
いきなりネットで探した葬儀社を選ぶのは心配でしかありませんよね。
ボッタクリとか信用できないけど他がないとか?ですから事前に調べておくのがいいね。
心配なら相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やらないといけないのは大変だけど、騙されないで普通にやりとげたいものです。
お香典に書くのは、仏教の場合「御霊前」御香典、御香料、ですね。
葬式の時の新札は、あたかも逝去の知らせを分っている感じでやっぱり失礼です。
ということで、不祝儀には向いていないとという常識もあります。
一般的な葬儀なら故人をしのぶために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
だいたい次の日に葬式と告別式を一緒に行うという感じで送り出します。
また、故人の年齢が高い人とかだったら身内とお世話になった人だけで行う「家族葬」なんてことも可能です。
仕方なく香典にピン札を入れる時は一度折って折り目などならいいんではないでしょうか。
これならマナーは守られてる感じ。
葬儀に必要な金額は、雑誌に載っていた記事によるとおおよそ195万円前後という数字が出てきたようです。
コレはあくまでもいわゆる平均です。
これ以上高くなって困った喪主の方もいます。
ですから、「火葬式だけ」の直葬(チョクソウ)という方法で身内だけにしてしまう事も可能です。
最近は葬儀のやり方が変わりつつあります。
それは、通夜も告別式も実施せずに故人を直接に火葬場に移動して、身内だけでやる「直葬(ちょくそう)」という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬儀の費用がお安いことや、身内だけとか減らすことができる。

 

-葬儀費用

Copyright© 親の葬式費用払うお金がない , 2019 All Rights Reserved.