親の葬式費用払うお金がない

どうしても親の葬式費用払うお金がない

葬儀費用

親の葬儀は保険のお金でどうにかなる?

投稿日:

親の葬儀は保険のお金でどうにかなる?

その場の流れに乗ってしまいがちだけど親の葬儀代をどうにかしたいあなたへ

親の葬儀会社

 

お葬式に持参する香典に包むお金で気をつけたいのは新しい紙幣を入れてはいけません。
これは失礼なので注意ですね。
自分の葬儀はどうしたい希望はありますか?私なら葬儀なんていらないと強く言いたいです。
簡単に言うと、お通夜、告別式さえも行わないスッキリした儀式でいいとすごく思うようになりました。
マジで。
どうしても香典に使っていないお札しかないなら数回折って使った感じならいいんではないでしょうか。
これだと失礼にならないですね。
聞きますけど、全部シンプルな「直葬」って知ってました?直葬を選んだ人の理由は「葬儀費用がないから」という声が多かったとか。
意外にも、「葬式はいろいろ面倒だから」と決めている人もも少なくないです。
私の友人たちの心の叫びのようですね。
突然に親戚などの紹介の葬式屋さんを決めるのは勇気もいるし大変ですよね。
大雑把な見積もりとかにあったらどうしよう?やっぱり事前に調べておくのがいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
やることが多いのはつらいけど、いろいろあっても普通にやりたいものですね。
そうですね、、薄汚れたお札やしわしわのお金を使うのも礼儀違反という感じです。
今以上にもっと高齢化になっています。
となると、友だちや親戚も高年齢状況にになってるはず。
そしてなんですが、近所との付き合いも少なくなっているのは分かっているので家族葬でいいって必然的にるわけです。
葬式に必要な金額は、アンケートによるとだいたい195万円前後という結果のようです。
この数字は絶対必要ではなく、平均的な数字です。
これ以上掛かって払えない喪主の方もいます。
そういう時は、火葬だけを行う直葬(ちょくそう)してしまうなど簡単にしてしまう事も可能です。
葬式の時の新しい紙幣は、既に逝去の知らせに備えていたようで失礼にあたります。
なので、お通夜には向いていないと考えられています。
普通の葬式だったら故人をしのぶために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
そして翌日に葬式して告別式を実施する、こういう流れで送り出します。
それ以外にも、故人の年齢が高いとかなら身内とお世話になった人だけで行う家族葬(かぞくそう)なんてことも可能です。
お葬式なんですが法律で決められた事なのか?実は、法律のような義務はありません。
ですが、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
ですから、実際は葬儀屋にお願いするしかないわけです。
お通夜のマナーになるになるのが香典に包むお札。
住んでる所ややり方の相違もあったりしますが新札は入れないようにすることはほぼ一致です。
お香典の表書きは、どの宗派でも「御霊前」「御香典」御香料でした。
年をとったら終活や葬儀のことなどいずれやってきます、あなたはそういう年齢ですか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
例えばですけど、「どこでする?」「誰を呼ぶ?」「重要な書類はどこ?」など。
なんとなくそれとなく聞き出すと後が楽です。
近頃は葬式の形式が変わりつつあります。
それは、通夜や告別式を行わずに故人を直接に火葬場に移動して、そこで最期とする”直葬(ちょくそう)"という方法も増加しているようです。
メリットは葬式の費用がお安いことや、身内だけとか減らすことができる。

 

-葬儀費用

Copyright© 親の葬式費用払うお金がない , 2019 All Rights Reserved.