親の葬式費用払うお金がない

どうしても親の葬式費用払うお金がない

葬儀費用

親の葬式で火葬する費用ですがお金がないので借りたい

投稿日:

火葬する費用ですがお金がないので借りたい

せかせかと忙しいだけで親の葬式費用も払えなく困っているあなたへ

親葬式しない

 

お葬式っていうのは法律で決められた事なのか?これは、法律のような義務はありません。
ですが、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
ですから、実際は葬儀屋さんにお願いするしかないわけです。
こういう、薄汚れた紙幣やしわしわの紙幣を使用することもマナー違反ですね。
葬儀に必ず必要な香典袋に包むお金でミスしそうなことですが、ピン札は使わないようにすること。
ついやってしまいそうですが良くないことになってしまいます。
近年は葬儀式の形が次第に変わってきています。
それは、通夜も告別式も実施せずに遺体を火葬場に送って、身内だけでやる”直葬(ちょくそう)"という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬式全体の金額が低くなることや、出席者を無理に呼ばなくていいことなどです。
突然に病院で紹介された葬儀社を決定するのは至難のワザですよね。
全部どんぶり勘定とか、にあったらどうしよう?やっぱりネットでも安心できる大手がいいね。
それから、大体の金額を調べておくのが大切です。
やることが多いのはつらいけど、騙されないで段取りよくやりたいものですね。
不祝儀で避けたいことの一つが香典袋に入れるお金。
地域や宗教の相違もあったりしますがピン札は使わないようにすることはほとんど一緒です。
今からドンドン高年齢化になっています。
そうなると、知り合いも高年齢事態にになります。
そしてなんですが、ご近所さんとの交流も少なくなっているのは分かっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。
香典の上の部分の文字は、仏教の場合御霊前・御香典、御香料ですね。
葬式の時の新しい紙幣は、何か逝去の知らせを察知している感じでやってはいけないことです。
ですから、葬儀には避けるべきと考えられています。
葬儀全体に掛かった費用は、雑誌に載っていた記事によるとおおよそ190万円前後という感じなんだそうです。
でもこの金額はあくまでも平均です。
当然これより高くなって払えない親族も多いはずです。
そういう時は、火葬だけを行う直葬(ちょくそう)という方法でシンプルにして抑えることもできます。
通常の葬儀ならお悔やみのために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
そして翌日に葬式・告別式を同じ日にやってしまうという感じでで送り出します。
それ以外にも、亡くなった人が高齢とかならほんとの身内だけですませる家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
聞きますけど、費用がお安い「直葬」って知ってました?直葬を選択した人の多い意見は「親の貯蓄がないから」という声が多かったとか。
それから、「葬式はいろいろ面倒だから」と決めている人もも少なくないです。
色々な人の意見はあるものです。
どうしても香典にピン札を入れる場合数回折って使った感じをつければいいかも。
これだとマナーは守られてる感じ。
あなたの葬儀は出来たらこうして欲しいなんて考えたことありますか?私だったら葬儀なんていらないと思っています。
つまり、お通夜、告別式さえも行わないややこしさなしの儀式でいいと思っています。
マジで。
親の年齢も考えると亡くなった後のことなど考えるべきです、でもなかなか出来ませんよね。
なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例えばですけど、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「大事な書類の場所は?」など。
やんわりと友人を使って何気なく聞くと後が楽です。

 

-葬儀費用

Copyright© 親の葬式費用払うお金がない , 2019 All Rights Reserved.